人気ブログランキング |

このブログの更新通知を受け取る場合は ここをクリック

blog
nikeaj1.exblog.jp
ブログトップ

blog
by nikeaj1
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
北井佑季3 at 2017-08-24 13:22 デボーン-ワシントン3 at 2017-07-29 16:08 エニウトン-メネゼス-ダ-ミ.. at 2017-07-14 13:28 ネルソン-ルイス-カーシュナー1 at 2017-06-26 11:47 権田修一13 at 2016-02-12 14:04
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
カテゴリ :未分類( 131 )
▽ この カテゴリの記事をすべて表示
2014年 10月 24日
ドニゼッチ-フランシスコ-デ-オリベイラ6
2007年 - 2007年  アル-ヒラル
2008年 - 2009年  アル-シャバーブ-アル-アラビークラブ
2009年 - 2010年  アル-アインFC
2010年5月 - 8月  スポルチ-レシフェ
2012年  ECヴィトーリア
2013年 -  鹿島アントラーズ
個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1972 ミネイロ 3 0
1973 4 0
1973 マナウス 20 3
1974 ミネイロ 5 0
1975 12 0
1976 19 2
1977 18 0
1978
1979 8 1
1980 19 4
1981 9 3
1982 3 0
1983 11 2
by nikeaj1 | 2014-10-24 09:53
2014年 10月 22日
ブランドン-ジェニングス5

1965-66シーズンにセルティックスは9回目の、ジークフリードにとっては3回目の優勝を遂げるが、シーズン終了後にセルティックスは変革の時を迎えた。レッド-アワーバックがコーチを辞し、後任にビル-ラッセルが選手兼任のまま就任。新体制で迎えた1966-67シーズン、セルティックスは60勝21敗と八連覇時代に何ら引けを取らない成績 コービー9 EM > KD6 収めるが、プレーオフではフィラデルフィア-76ersの前に破れ、ついに連覇記録が途絶えた。

このシーズンを最後にセルティックスのプレイメーカーだったK.C.ジョーンズが引退。この事はチーム内でのジークフリードの価値を飛躍的に高め、1967-68シーズンにはアシスト数を大きく伸ばし、チームトップとなる平均4.7アシストを記録。セルティックスも変革の時期を乗り切り、見事に王座に返り咲いた。さらに翌1968-69シーズンにはジークフリードはキャリアハイとなる14.2得点4.7アシスト、2度目のリーグ1位となるフリースロー成功率86.4%を記録した。セルティックスはこの年のファイナルも制し、優勝回数を11回に伸ばし、ジークフリードも5つ目のチャンピオンリングを手に入れた。
by nikeaj1 | 2014-10-22 12:56
2014年 10月 20日
ハモン-オズニ-モレイラ-ラジェ1
アンドレ
名前
本名 アンドレ-ルイス-バラーショ
愛称 アンドレ
ラテン文字 ANDRE Luiz Baracho
基本情報
国籍  ブラジル
生年月日 1980年7月15日(33歳)
出身地
469341
522942
1277210
2076667
2197090
6062345
11821271
12760564
14465229
身長 178cm
体重 76kg
選手情報
ポジション フォワード
クラブ1
年 クラブ 出場 (得点)
-1999
2000
20 コービー9 > KD6 0  渋谷幕張高等学校
 大分トリニータ
 サガン鳥栖
0 (0)
x (x)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj
アンドレことアンドレ-ルイス-バラーショ (Andre Luiz Baracho、1980年7月15日 - )は、ブラジル出身のサッカー選手である。ポジションはフォワード。

目次

 [非表示] 
1 経歴-人物
2 所属クラブ
3 成績
4 脚注
5 外部リンク
経歴-人物[編集]

渋谷幕張高等学校時代はサッカー部に所属。1学年したに田中マルクス闘莉王がいる。卒業後の2000年に大分トリニータに入団。同年7月に大分でのチームメートだったルシアノともどもサガン鳥栖にレンタル移籍した[1]。
by nikeaj1 | 2014-10-20 12:25
2014年 10月 18日
和久井秀俊1
渡辺 彰宏
名前
愛称 ナベ
カタカナ ワタナベ アキヒロ
ラテン文字 WATANABE Akihiro
基本情報
国籍  日本
生年月日 1985年6月8日(28歳)
出身地 神奈川県藤沢市
身長 188cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム S.C.相模原
ポジション GK
背番号 16
利き足 右足
クラブ1
ナイキ バッシュ ラブ 出場 (得点)
2008-2010
2011-2013 FC町田ゼルビア
S.C.相模原 1 (0)
4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013.12.9現在。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj
渡辺 彰宏(わたなべ あきひろ、1985年6月8日 - )は、神奈川県藤沢市出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
- 1998年 六会FC
1998年 - 2000年 横浜F?マリノスジュニアユース
2001年 - 2003年 横浜F?マリノスユース
2004年 - 2007年 順天堂大学
アマ経歴
2008年 - 2010年 FC町田ゼルビア
by nikeaj1 | 2014-10-18 13:43
2014年 10月 16日
塩川岳人3
2001年 川崎 24 J2 28 3 2 0 6 0 36 3
2002年 川崎 15 J2 38 4 - 5 1 43 5
2003年 川崎 15 J2 19 0 - 4 0 23 0
2004年 川崎 15 J2 2 0 - 2 0 4 0
2005年 横浜FM 24 J1 3 1 0 0 0 0 3 1
2006年 横浜FM 24 J1 3 アディゼロf50 0 2 1 0 0 5 1
2007年 横浜FM 24 J1 0 0 0 0 - 0 0
徳島 32 J2 33 0 - 2 0 35 0
2008年 徳島 15 J2 9 0 - 0 0 9 0
通算 日本 J1 10 1 8 1 0 0 18 2
日本 J2 163 12 6 2 22 2 191 16
日本 旧JFL 68 18 - 9 3 77 21
総通算 241 31 14 3 31 5 286 39
その他の国際公式戦

2005年
A3チャンピオンズカップ 1試合0得点
経歴[編集]

Jリーグ初出場 - 1999年3月14日、コンサドーレ札幌戦。
Jリーグ初得点 - 1999年3月21日、川崎フロンターレ戦。
by nikeaj1 | 2014-10-16 14:13
2014年 10月 13日
大埜正雄5

^ a b 『Jリーグオフィシャルガイド1996』( beats ヘッドホン ) サッカー用品 40
この「大場健史」は、サッカー選手に関連した書きかけ項目です。この項目を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。(P:サッカー/PJサッカー選手/PJ女子サッカー)

by nikeaj1 | 2014-10-13 15:31
2014年 10月 09日
モーリス-ウィリアムズ3

移籍先のインディアナ-ペイサーズでは平均20.8得点をあげ、ウィリアムソンの得点力がNBAでも通用することを証明。翌1977-78シーズンには古巣ネッツがウィリアムソンを再び獲得、移籍後は平均29.5得点をあげている。このように秀でた得点力を示したにも関わらず、NBA加入以後のウィリアムソンは、一所に腰を落ち着けてのプレイができず、1979-80シーズン中には今度はワシントン-ブレッツへトレードされた。この移籍を境にウィリアムソンのパフォーマンスが下降し、1980-81シーズンに29歳の若さで引退を強いられた。

ABA/NBAキャリアでの成績は8シーズン516試合の出場で、通算9,017得点1,274リバウンド1,441アシスト、平均17.5得点2.5リバウンド2.8アシスト。NBAのみに絞れば平均20.1得点だった。ウィリアムソンはビンス-カーター、デビン-ハリスに並ぶネッツの1試合フリースロー試投数24本というチーム記録を持っている。

1996年11月30日に糖尿病による肝不全で45歳で亡くなった。

外部リンク[編集]

Basketball-Reference (英語)
by nikeaj1 | 2014-10-09 12:57
2014年 10月 07日
ラルビ-ベンバレク2
経歴[編集]

2005年にオリンピック-マルセイユへ入団。2006年3月5日、会長のパペ-ディウフの意向によりパリ-サンジェルマンFC戦でリーグ戦デビューを飾った。2007年から2シーズンリーグ-ドゥでプレーし、モンペリエHSCでは1部昇格を経験。モンペリエからローン延長を打診されるも新監督のディディエ-デシャンの意向でマルセイユに復帰。だがローラン-ボナールの控え争いでシャルル-カボレに敗れ、2010年1月にモンペリエへ再びローン移籍した。2010-11シーズンからモンペリエへ完全移籍。

代表歴[編集]

U-19フランス代表としてUEFA U-19欧州選手権2007に出場した。仙台カップ国際ユースサッカー大会で訪日経験がある。

所属クラブ[編集]

 オリンピック-マルセイユ 2005-2010
→  FCリブルヌ-サン=スーラン 2007-2008 (loan)
→  モンペリエHSC 2008-2009 (loan)
→  モンペリエHSC 2010.1-.6 (loan)
 モンペリエHSC 2010-


[隠す]   モンペリエHSC - 現所属メンバー
by nikeaj1 | 2014-10-07 16:52
2014年 10月 06日
シャキール-オニール2
4 成績
4.1 NBAレギュラーシーズン
4.2 NBAプレーオフ
4.3 キャリアハイ
4.4 受賞歴など
5 その他
6 外部リンク
学生時代[編集]

高校はシーゴービル高校でプレイ。最終学年の2003-04シーズンには28.9得点13.4リバウ ナイキ スニーカー ドの成績を残し、マクドナルドやパレード誌選出のオールアメリカンなどに選ばれている。学業でも優秀だったオルドリッジは全米優等生協会(National Honor Society)のメンバーでもあった。高校卒業後はNBAに入るため大学へ行かないつもりであったが、シャキール-オニールが大学進学を勧めたため、テキサス大学に進学した。

大学では1年目から先発に抜擢されたが、腰の故障を抱えたために出場した試合は15試合に留まった。2年目の05-06シーズンにはチームの主力選手として活躍、15.0得点9.2リバウンドの成績を残し、カンファレンスのオールファーストチームに選ばれた。NCAAトーナメントではエリート8まで勝ち進んだ。大学では2年間だけプレイし、2006年のNBAドラフトにアーリーエントリーした。

NBAキャリア[編集]
by nikeaj1 | 2014-10-06 11:49
2014年 10月 04日
重松良典4

また1958年には、第3回アジア競技大会(東京)で全日本(日本代表)に初選出され、5月28日対香港戦にて初キャップを果たす。

蹴球協会[編集]

現役引退後、社業に専念した。

その後東洋工業東京支社の経理課にいた経験を買われ、日本蹴球協会(現日本サッカー協会)入りし、日本サッカーリーグ(JSL)創設の設立準備委員会の経理の担当者となり西村章一?長沼健?岡野俊一郎らと陣頭指揮を執り設立を実現させた[2][3]。中心となったのはこの4名である[8]。その後も初代JSL総務主事[注 2]を務めた西村[9]の後を受け2代目JSL総務主事として初期JSLの運営にあたったり[2][10]、同時に日本蹴球協会理事として協会の仕事もこなすなど多方面に活躍していた[11]。

また、協会在籍時の1968年、藤和不動産サッカー部(のちのフジタSC/ベルマーレ平塚、現?湘南ベルマーレ)の設立に黒木芳彦や石井義信らと共に携わっている[3]。

1972年、蹴球協会を法人化、日本サッカー界を学生サッカー中心からJSLおよび協会主導となるように画策した[12]。これが1976年の日本蹴球協会の政変[注 3]へと繋がった[3][13]。
by nikeaj1 | 2014-10-04 16:30

ファン申請
※ メッセージを入力してください